S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2006/10 »11

プロフィール

霧崎

Author:霧崎
SSもどきを書いたり
ブログを書いたりしてます。
はたらきたくないでござる

Twitter

かうんたー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしがラジオ進出ですよ。

最近新アニメ9本の波にやられて手放していたひぐらしですが、
ある報せを聞いて9月まで思考の大半を占めていたひぐらしが
復活する出来事が。
アニソンの着メロサイトとして俺もお世話になっているアニメロ
ミックス。このサイト、ラジオ進出を果たしていて、ここ最近は
大体1年ぐらいごとにパーソナリティーが代わっていたのですが、
何と来週からは
「ラジオアニメロミックス ひぐらしのなく頃に編」
になるのです!気になる(?)パーソナリティーはレナ役の中原
麻衣さんと悟史役の小林ゆうさん。ラジオパーソナリティーと
しては聞いたことの無いお2人ですが、多分気になりません(笑)
あくまでラジオアニメロミックスとしてのラジオ化なのでそんなに
長続きはしない可能性大ですけど、もう本当に楽しみです。
ひぐらしはまだまだ終わらないぞ~!
スポンサーサイト

ダークヒーロー参上!(後編)

前編で語った通り、類稀なる才覚と力を手に入れて犯罪者を裁く
悪の英雄となった夜神月は今までの作品の主人公とはあまりにも
かけ離れていたために、まさか彼に匹敵する人物が現れるとは
思っていませんでした。
ところが、世の中は広いようで狭く、狭いようで広い。
恐らくダークヒーローとして、俺が知る中では唯一夜神月に並び、
そして越すことの出来るであろう主人公。

それが「コードギアス 反逆のルルーシュ」の主人公。その名は
ルルーシュ・ランペルージ。

近未来、日本はブリタニアという超大国に戦争で敗れ、エリア11と
いう「統治区」としての名で呼ばれるようになった。世界地図から
日本という国が消えたのである。ルルーシュはブリタニアの後継者
候補でありながら(本名ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア)貴族が
実権を握る同国において平民出身であったために疎まれていた
母親を殺し、妹のナナリーから目の光を奪い、また親友である
スザクと共に楽しい日々を過ごした日本を滅ぼしたブリタニアに
対し、いつか必ずこの国をぶっ壊してみせると復讐を誓う。

それから10年近く経ち、チェスの代打ちで腕利き揃いの貴族達を
あっさり負かして金を稼ぐという、天才と言うしかない頭脳を持つ
不良学生(学業は優秀だが、賭け事に手を出しているせいで生徒会
役員でありながらその仕事を真面目にやらない等)となっていた
ルルーシュは、いつものようにチェスの代打ちで貴族に大勝した
帰り、ブリタニア軍の新兵器を盗み出したテロリストと軍の戦闘に
巻き込まれ、ブリタニア軍人となっていたスザクと再会、新兵器が
入っていると思しきものに触れる。しかしその中にあったのは兵器
ではなく一人の少女だった。
CC(シーツー)というその少女は、ブリタニア軍にテロリストと
間違えられて殺されそうになったルルーシュに、相手の目を見れば
どんな人間でも一度だけ自由に操れるという「ギアスの力」を
手に入れる。そして彼はこの力を武器に、妹を救うために、幼い
日に誓った、大国ブリタニアとの戦いを決意するのだった。
そしてこの後、ルルーシュはその天才的な能力を発揮し、現在では
死刑寸前と思われたスザクを大勢のブリタニア人の前から救出して
います。

他の追随を許さない圧倒的な頭脳。
偶然にも舞い降りた人知を超えた力。
周囲の人物の幸せのために起こす、手段を選ばない行動。

月と共通点の多いルルーシュは、自分の血縁ともいえるエリア11の
統治者、クロビスすら何の躊躇もなく直接手を下し、更にギアスの
力を使って他者に証拠隠滅をさせています。結果、スザクの仕業に
されてしまうので、ルルーシュは顔を見られないよう、しかし派手な
パフォーマンスでも見せるかのような形でスザクを救出します。
手段を選ばないルルーシュと、人道を優先する心優しいスザクの
考えは対立してしまいますが、憎しみの原動力である優しさそして
純粋さと併せ、またルルーシュの、唯一人夜神月と並ぶ人物であると
言える由縁でしょう。

革命を誓った黒の皇子と、彼の親友ながら優しさを貫く白の騎士。
最終的にハッピーエンドを迎えるのはどちら?そして黒の皇子
ルルーシュは、新世界の神を名乗る夜神月を越える「悪の英雄」
となれるのか?
「コードギアス 反逆のルルーシュ」良作だと思います。これからが
すごく楽しみです。お時間のある方は、是非彼の活躍をTVで見て
みてくださいね!俺がこんなところでダラダラと書くよりずっと
ルルーシュのダークヒーローぶりが楽しめると思います。

結局これらを見ることに。

色々と長考した今期見るモノですが、殆ど以下の通りに確定。
曜日別に書くとこうなります。

月:乙女はお姉さまに恋してる
火:夜明け前より瑠璃色な、DEATH NOTE
水:ネギま!?、スパロボOG デイバインウォーズ
木:Kanon
金:パンプキン・シザーズ、コードギアス、うたわれるもの
土:無し
日:ギャラクシーエンジェる~ん

計10本。土曜日以外は2時くらいまで起きてなきゃならないん
だから翌日の学校はもう眠くてたまりませんよ。殆どは9月から
見るって決めてたものだったんですが、よあるりとパンシザは予定に
無かったので2話から見てます。不覚…。まあ大体内容は理解
できるんですけどね。
まずはそれぞれ、メインキャラの名前を覚えていかないと(苦笑)

ダークヒーロー参上!(前編)

今期のアニメの主人公には、他の追随を許さない叡智と行動力と
純粋さ、そして偶然か宿命か、人類そのものすら支配しうる「力」を
持って、手段を選ばない度量でこの世界に「革命」を起こそうと画策
する「ヒーローと言う名の犯罪者、犯罪者と言う名のヒーロー」が
2人も登場しました。今回はそんなダークヒーロー2人の内の1人、
「DEATH NOTE」の主人公・夜神月について語っちゃいます。

全国模試1位という、同じ高校生としては羨望の対象にしかならない
少年・夜神月が拾ったのは、相手の顔を思い浮かべて名前を書くと
その人物が死ぬというノート「デスノート」。普通の人間なら自分が
邪魔だと思う人間を数人消してトラウマになって捨てるところを、
日頃から、善良な人間の平和な生活を脅かす犯罪者や道徳の無い
人間に対して激しい怒りを感じていた月は、デスノートを使って
世界中の凶悪犯の粛清を敢行。キラと呼ばれる存在となる。
そして月は、それを追う彼の実の父率いる日本警察の捜査本部と
彼らを指揮する世界一の名探偵・Lとの息詰まる知能戦を開始する。

連載されていた雑誌がジャンプだったということもあり、彼の存在は
今までのアニメ・コミックの主人公とは一線を画していました。
本来の持ち主である死神すら知らないノートのルールを実験によって
開拓し、それを利用して世界の名探偵すらペテンにかける圧倒的な
頭脳、若年ながら自分の理想のために平然と人を手にかける神経、
目的のためには手段を選ばない狡猾さ。そして、それらの行動を
起こすに至る感情が「優しさ」と「純粋さ」であるということ。

回を増すにつれて月の悪役っぷりには拍車がかかってきますが、
そのダークサイドに色んな意味で目を惹かれた人も多かったのでは
ないかと思います。アニメも放送が始まり、実写映画も最終局面へ。
原作では増長もあって敗れた彼ですが、キラの世界は終わった訳
ではありません。漫画の世界に颯爽と舞い降りたダークヒーロー、
その進む道の先には何があるのか…楽しみです。

男尊女卑などどこ吹く風。

えらい久しぶりに見ましたよ、本当に男より格好良くて凛々しい
女キャラを。いや~アンタは凄いよ、トウカ。

昨日DESTINYのスペシャルエディションが始まる前に見て
いた3ヶ月遅れのうたわれるもの、今回は14話「戦禍」。
自らの罪を悔いてハクオロ達の前で自刃をしようとしたトウカを
止め、諭すハクオロ。それだけでなく、彼女の上官のようなもの
だった(恐らくトウカも信頼を置いていたのでしょう)オリカカンの
亡骸を故郷の土に帰してやってくれと託します。その直後に再び
シケリペチムが攻めてきたので「さらばだ」とトウカに別れを告げる
ハクオロ。…それにしてもハクオロは他のアニメの男主人公と
比べて出来すぎだよなぁ。
でも個人的にはトウカの潔さが印象的でした。良くも悪くも武人の
鑑だよアンタ。ベナウィもハクオロに追い詰められた時、同じく
自害しようとしてましたけど、2度目、しかも女性となると少し
ばかり違った印象を受けました。

話は戻って、再びシケリペチム軍との戦闘を開始するハクオロ達。
ハクオロの作戦とオボロ達の活躍もあって勝ち星は挙げるものの、
やはり物量の差は覆せずにトゥスクルの兵は疲弊していきます。
そんな中、とある集落で敵兵に囲まれたハクオロとエルルゥ。
絶体絶命と思われたその時、恩を返すために火の中からトウカが!

やばっ、何このヒーロー的登場+燃える展開。

OPを見るに、いずれ仲間に加わることは読めてましたが待って
ましたと言った感じです。
流石に今までオボロやクロウやカルラと渡り合っただけのことは
あり、敵兵をあっさり撃破。何か本当に惚れそう(笑)
「寝返ったのではない、義に従ったまでだ!(だっけ?うろ覚え)」
ここまで格好良い女キャラが居ていいのかよ!というくらいの
爽やかさ。良いわ~(意味不明)

そして戦闘は終了、ハクオロとエルルゥは戦没者の墓参りへ。
こういうシリアスな場面は見ていて色々考えさせられます。これが
アニメをやめられない要因の一つなんだよね。
しかし兵達の疲労はもはや頂点。それも考え、ハクオロは全兵が
トゥスクル本国を攻めている間に、空になったシケリペチムへ
少数で侵攻、君主ニウェの首を討つという作戦を立案。ベナウィに
全兵を任せると言っていたので、新たに戦線に加わったトウカ含め
残りの主力4人を連れて行くのかと思いきや、ハクオロに同行する
のはカルラとトウカだけ。

あれ?ハクオロってそんなに女好きだった?

一瞬そう思ったけど、よく考えると主力5人の中でも戦闘力は
カルラとトウカがトップなんですよね。男3人もっと頑張れ(笑)
まあベナウィだけで戦線を維持出来る程甘い相手ではないだろうし
妥当な判断ですかね。

そんなわけで、次回は「宴の終わり」。攻め込んだハクオロ達は
無事ドS王(違)ニウェを討ち果たせるのでしょうか?楽しみです。

何を見ようか考え中ですが。

前期やっていた本数が非常に多いので、必然的に多くなるのが
今期発のアニメ。それなりに気になるものはかなり多いのですが
琴線に触れるような作品は今のところ来てないです。まあ、数本
しか見てないからそんなことは言い切れませんけどね。

とりあえず、Kanonは面白そうだったし絵のクオリティが高かった
(雪の結晶が綺麗でした。ハルヒに続いて京アニの凄さを感じた
瞬間でした)ので決定。原作ファンとしてはDEATH NOTE
も見逃せないです。あとはギャグ全開のギャラクシーエンジェルⅡ
(アニメ名はギャラクシーエンジェる~ん)も。前作と比べると
若干下ネタ入ってた気もしますが、全然許容範囲です(笑)
まだ見てないけどオススメがかかってるのはパンプキンシザーズと
乙女はお姉さまに恋してるの2つ。乙ぼくの方はまだMXでは
始まっていないのでこれから見ます。パンプキンシザーズって
どんなのなんだろ?
それからネギま!?も。リセットしたかのように最初からで
しかも原作と進み方が違うようですが、作画が前より数段マシに
なっているのでとりあえず1話は安心して見られました。でも
アスナが魔法のことを知らんうちにエヴァが出てきてネギは無事
帰してもらえるんでしょうか?

ロボットアニメはスパロボ、コードギアス、オリンシスの3つ。
この内スパロボだけは1回目を見ましたが、その名に恥じない王道
ロボットアニメになる予感。主題歌もジャムプロだし、とりあえず
今のところ主だったマイナス点は無し。
コードギアスは録ったけどまだ見てなかったりします。シリアスの
ようですが、サンライズ製作ということもあって期待はしてます。
オリンシスは俺にとってはすっかりお馴染みになった平井久司の
キャラデザ作品。この人が作画をしたファフナーとSEEDは
賛否両論のようですが俺的にはヒットだったのでとりあえず1回
見てみます。…どう見てもラクスか乙姫にしか見えないヒロインは
正直何とかして欲しかったけど。

後はくじアンですね。部活の後輩によると設定が原作と大違いの
ようなのですが、原作を知らないのでとりあえずOK(苦笑)
まあとりあえず1回見てみてからかな…と。
前期からの継続はうたわれるもの1本。他局では終わってるのに
こっち(東京MX)ではまだ折り返し地点、それも夕方の放送
なのが悲しい…。

とりあえず、琴線に触れるものが無い代わりにハズレもそんなに
無さそうな今期。どれを見ることに決めたかはまた書くかもしれ
ません。それでは。

昼飯は余り物。これが平日休みの学生の悲しき運命。

今日は開校記念日で学校は休みです。
なので昨日はスパロボOGの1回目とSEEDの再放送を見てから
就寝。時間は多分4時半ぐらいだったと思います。最早完徹した方が
良かったんじゃないかってレベルです、ハイ。
まあそのおかげで今朝起きたのは12時。いや~凄いね俺。人間って
やろうと思えば正午まで寝てられるんだw
で、起きたら母親がいません。いないならいないで都合が良かったり
するので(笑)昨日昼寝したせいで見過ごしたネギま!?の1回目を
見る。しかしその途中で母帰宅。タイミング最悪だよこの野郎っ!

そんなこんなでお腹が空いた1時頃。俺は母に昼飯が何か聞くと、
「無いよ。アンタが今日休みだってことを忘れてたから」
こンの母親はよくも悪びれもせずそんなことを…!
で、仕方なく炊飯器に大量に残ってたご飯で懐かしの卵のぶっかけ
でもやろうかと思ったら…思いっきりご飯の分量を間違えました;
どんぶり1杯丸ごとです。おかげで卵2個使うハメに…(泣)
今も腹の調子がおかしいです。果たして俺はこの危機を逃れる事が
出来るのでしょうか!?続く(嘘。続かない)

乗り遅れ感も否めませんが。

今なお(って言っても放送終了から3ヶ月だけど)衰えぬ人気を
誇る「涼宮ハルヒの憂鬱」。今日はその楽曲について、ここそこで
話題になっているようなので…。

俺とこの作品の邂逅から書くとまた長くなるので、それはまた今度。
まあ何でいまさらかと言うと、この前俺は級友や部活の後輩と共に
カラオケへ行った訳ですよ。するとそこで、ウチのクラスの中でも
特にオタクとして扱われている(同人ゲームとかにも余裕で手を
伸ばしてる)奴が、唐突に「ハレ晴レユカイ」を歌ったワケですよ、
しかも振り付きで。
我が盟友・七星君も随分前からこの振りを研究してマスターしていた
わけですが、さらに今回の件があって俺は再び「ハレ晴レユカイ」の
振りについて調べてみることに。

で、FC2のブログをハルヒで検索してみると、何と7000件以上
ヒット。うん、さすがは今期きっての人気作品だね。
しかし目標の「ハレ晴レユカイ」の画像は割と簡単に発見。何で
自分で録ったものを見ないのかと言うと、ちょうど親父がHDDの
ある部屋で寝てたから。まあ夜中ですしね。
そして改めてその振りを見てみると…結論。キョンと古泉君も一緒に
なるサビの最初が一番ムズい。カラオケで踊った「奴」は、ここは
冒頭のところより簡単だと言ったけど、どう考えてもそうは思え
ない。てか奴も七星君も、どうやって短期間でこの振りを覚えたのか
知りたい。

そしてしばらく更に探してみると、「ライブアライブ」OA時の、
噂の挿入歌「God knows…」の画像も発見。やっぱりその
カラオケで俺はこれを歌ったのですが、やはりOAとこむちゃで
数回聞いただけでは覚えられず。後半は結構詰まりました。
そこでこれも改めて見直してみたのですが…う~ん、最初に見た
時はあんまり感じなかったけど、やっぱりコレ凄いです。
スタッフとキャスト(主に平野さん)とが一体になって作り出した
熱い物を感じました。うろ覚えで歌える筈がないわな、こりゃ。

そんなわけで、ハルヒの力を再認識した今日この頃。まだまだ
原作は続いてますから、アニメも2期希望です~。何とかして
ください、京アニのお偉いさんorz

ポケモン欲しいなぁ…。

新しく発売された、ポケモンダイヤモンドが欲しいです。
Wi-Fi(だったかな?曖昧)コネクタとか言う物を使うと全国の人と
長遠距離通信が出来るらしく、既に「やろう」と言うお誘いを
受けています。ポケモンも遂に擬似オンライン化でしょうか。

まあ高2にもなってポケモンとか正直呆れる人多いでしょうけど。
俺だって、あの漫画と出会わなかったらルビー・サファイアにすら
手を出さなかったんじゃないかと思います。

ポケットモンスターSPECIAL

俺に言わせれば、ポケモン史上最高の漫画です。これを読めば、
元からポケモンが好きだった人は更に、それはもう抜け出せなく
なる程ポケモンが好きに、大して好きじゃなかった人もポケモンが
好きになること請け合いです。

まあそれは置いといても、今年発売予定のゲームソフトの中に、
また一つ新しく増えてしまいました;最初は何を選ぼうかな…。
とりあえず1つ目のジム戦によるけど、まあ水タイプかな、やっぱ。
緑も銀もサファイアも全部水を選びましたからね。やっぱり赤字
必須ですけど、何とか頑張ります、ハイ。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。