S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

霧崎

Author:霧崎
SSもどきを書いたり
ブログを書いたりしてます。
はたらきたくないでござる

Twitter

かうんたー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.O.N.S.T.E.R.S.

2/24(日)に横浜アリーナで開催されたJAM Projectの単独ライブ
「JAM Project Premium LIVE 2013 THE MONSTER'S PARTY」に
大学の先輩と参加してきました。

昨年の堀江由衣以来約1年ぶりのアーティスト単独ライブ、
それもJAMということで、楽しみな反面ちょっと緊張していたり。
いやまぁ、体力もつのかなーとか。

以下セトリとちょっとした感想です。

01.The Monsters
02.Metamorphose
03.鋼のレジスタンス
04.RISING FORCE
05.覇王の剣
06.冒険王
07.LIMIT BREAK
08.ハリケーンLOVE
09.光へのカウントダウン
10.GARO~MAKAISENKI~
11.我が名は牙狼
12.Wings of the legend
13.晴レルヤ
14.Glorious Days
15.夢スケッチ
16.キミオモフ
17.願い
18.Cry for the Earth
19.MAXIMIZER
20.Belive~永遠のLink~
21.GONG
22.SOULTAKER
23.レスキューファイアー
24.爆鎮完了!レスキューファイアー~レスキューファイアー~

<アンコール>
25.POWER

<ダブルアンコール>
26.VICTORY
27.SKILL


昨今のドル売り的な声優・アニソン歌手と違って
長いこと実績を積んできた面々のユニットということもあり
全体的に正統派な形式のライブといった感じでした。
まぁ

Wings of the legendの後に引っ込む

「早着替え生中継!(という名の録画映像)」

メンバーの小芝居的な何か
(影山ヒロノブがハゲヅラを被ってたり
筋肉の形した着ぐるみ?の遠藤正明がベンチプレスしたり…)

ルーキーバンド「MONSTERS」(という名の楽器を持ったJAMの面々)が
衣装替えを果たして登場、3曲バンド形式で演奏

の一連の流れには笑わせて貰いましたが!
この人達アニソン界ではかなりの大物のはずなのに
何してんだろうなぁ…w

最後の盛り上がる曲ラッシュは圧巻でしたね。
JAMに限らずライブに行く度思いますが生は迫力が違う。
その上熱血ド直球の曲なわけですから。
病床から復活した福山芳樹がいたこともあって
更に白熱っぷりに拍車がかかっていたように思います。

そして一般人がカラオケで歌えば1曲で喉が死ぬ曲を
3時間半ぶっ続けで歌えるJAMのメンバーはやはり怪物。
まさに今回のライブのタイトル通り「MONSTER」揃いでしたね。

一方で、新しい曲を入れたいけど旧来の盛り上がる曲を外せない
一種にジレンマのようなものを感じたりも。
SKILLとか定番だけど間違いなく盛り上がるもんなぁ…。

ともあれ、ライブそのものはとても楽しめました。
今年はオリジナルアルバムやヤマトのEDなど色々あるようで
まだまだ目が離せないなぁと思ってます。
共に青春を謳歌しよう | HOME | リスアニLIVE3、行ってきました

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。