S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

霧崎

Author:霧崎
SSもどきを書いたり
ブログを書いたりしてます。
はたらきたくないでござる

Twitter

かうんたー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共に青春を謳歌しよう

もうかれこれ公開から1ヶ月近く経ったところですが
「スタードライバー THE MOVIE」を見てきました。
以下ネタバレを含むので、大丈夫な方は「続きを読む」からどうぞ。
結論から言うと、いくらか新規カットを挟んだ総集編でした。
元々ストーリー性はありながらも1話完結の色が濃い作品だったので
どの話を入れてどの話を削るかというのは難しかったと思います。

それでもタクト・ワコ・スガタの3人と四方の巫女にスポットを搾って
作られた本編は上手くまとまっていたと思います。
削るところはばっさり削り、時間をかけるところにはかけて
一種の潔さを感じました。

ミズノ関連の話にはかなり時間を割いていた感はありましたが
僕はTV版であの辺をちゃんと見ていなかったので
しっかりと描写してくれていたのはありがたかったです。

1話完結で勧善懲悪といったところに魅力を感じていた身としては
話が重くて見ていてしんどくはありましたが。
島を出られないのに気付いたミズノの所にワコが来た時の安心感ときたら。
TV版だと船でミズノとマリノが再会するシーンでEDなんでしょうね。
そう考えるとまた爽快感が凄い。

爽快感と言うと、TV版では毎回終わった後に気持ちがすっきりするのを
感じていたので、その読後の爽快感とも言うべきものが劇場版でも
失われていなかったことはとても良かったです。
やっぱりちゃんと製作サイドがこの作品がどういうものであるかを
理解し、しっかり結論を出されているんでしょうね。

一方で、前述するようにこれは仕方がないことなんですが
「これは入れて欲しかったなぁ」というエピソードもあったり。

個人的にカラオケで熱唱するケイトとタクトが鉢合わせするくだりは
残しておいて欲しかったなぁと思ったり。
ワコとケイトは「スガタに対するスタンスの違い」で対立する形となるのが
分かるようになってはいたのですが、彼女達が巫女の定めに気付く前には
仲が良く、共に島を出て歌手になろうとしているのを描写すれば
その対立にもより深みが出てきただろうと思うので…。

あと、パンフレットを見ると冒頭の新宿でのシーンで戦ってるのは
「未だに世界転覆を狙うバニシングエージのサイバディ」とあったので
バニシングエージ関連はちょっとでも入れて欲しかったような。
ヘッドについてはまぁ消息不明でも特に問題はないと思いますし
尺考えたらあんまり要らないところではあるとは思うんですけどね。

戦闘シーンについては非常に満足させて頂きました。
元々が必殺技の演出など劇場映えするものだったので
心配はしていませんでしたが。
やっぱり大きなハコで見ると迫力が段違いですね。

新宿のシーンはファンサービスのようなものと解釈しました。
「こんな風になるんだぜ」みたいな。

ともあれ、全体としてはスタドラ独特の爽快感と明るさを残しつつ
より熱く、面白いものに仕上げられていたと思います。

劇場版では削られたエピソードの中にも
補完されるものや良い話があるので、劇場版で初見の人は
是非TV版も見て頂きたいと思います。
東京の人はMXで再放送の最中ですしね。
かくいう僕自身もTV版を見たい衝動に駆られております…。
うんたんうんたんうんたん | HOME | M.O.N.S.T.E.R.S.

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。