S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

霧崎

Author:霧崎
SSもどきを書いたり
ブログを書いたりしてます。
はたらきたくないでござる

Twitter

かうんたー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃文庫ムービーフェスティバル

昨年の新訳ZⅢ、時かけに続いて高校に入ってから3本目のアニメ
映画は巷で噂のシャナ、キノ、いぬかみの3本立て劇場版。
前々から見たいと思っていたので、友人2人を誘って今日見に行って
きた。
まず、GWの真っ最中ということもあってチケット売り場の混雑が
凄まじかった。これは混雑ってレベルじゃねーぞw
その間に七星君から借りたドージンワークス1巻を半分ほど読み
終えた。最初にあの列を見た時は本当に上映時間に間に合うか疑った
なぁ(汗

でも意外と列が進むのは早く、10分で劇場に潜入。
しかし近くにあったキャラグッズの売り場はこれまた長蛇の列だった
のでさっさと席に座る。…で、めちゃくちゃ首が痛くなったよ。その
席が前から2番目なんだから(笑)

で、上映が始まると、まずは諸々の映画の予告編が流れる。
ハリポタ5作目の宣伝が個人的に少し気になったかな。一応小5の
時に読み始めた身としては。
劇場版エヴァとCLANNADだけ明らかに観客の反応が大きかった
のは流石というかご愛嬌というか…。まあともかくその空間にいる
客層を雄弁に物語るというものだった。

さてここまで長くなったけど、いよいよ上映開始。
トップバッターはシャナ。俺の予想ではこれが最後に来ると思ってた
からまずそこで不意を討たれる(笑)

大まかな流れとしては、序盤はアニメ版に忠実な形で進行。
原作ではすっかり悠二に恋しちゃってるシャナにもこんなツンツンして
いた時があったんだなぁと何だか妙な感慨。あと、フリアグネの宝具の
名前を思い出すのに割と必死になってたりした。ダメだこりゃ;
戦闘がダイナミックになってたのが印象的だった。

後半、マージョリーが登場。これもアニメ通りなんだけど、そこで
Ⅱ巻を踏襲したようなシャナとの交戦は無く、いきなりフリアグネも
介入して戦闘に突入。オイオイ、これじゃあ姐さんが単なる良い人に
なっちゃうじゃないか。まあ、相手が初期のシャナだけだと
アズュールの効果が発揮されないから、マージョリーの早めの介入は
フリアグネの強さを見せるためには必要だったとも言える。
実際後から考えると、ヴィルヘルミナとかとも互角にやり合えそう
だしね。

そして依田デパート屋上での最終決戦は、やっぱり登場した姐さんを
除いては原作に近い作りに変更されてた。マリアンヌがマネキンに
乗り移(?)ったり、最終的にフリアグネを倒したのがアラストール
だったり。戦闘の作画クオリティは全体として非常に高く、また内容も
見ごたえたっぷりでとても1時間の作品には思えなかった。
ラストシーンからエンディングへの入りも良かったしね。
そしてデレ全開のシャナが可愛すぎたw

2番手はキノ。原作を読んでアニメも見たシャナや、アニメは
一応見たいぬかみと違ってこの作品は未開封(何)電撃文庫の
看板的作品だから期待はしていたけれど、確かに面白かった。
面白く、切なく、そして重いテーマ。投げかけれられたものは他の
2作品とは比にならず、色々考えさせられた。
電撃文庫の看板は伊達じゃない…ってことを身をもって実感。
七星君も半泣きになってたしなぁ。

ラストはいぬかみ。どう考えても前2作品とは全く毛色の違う作品に
なることは覚悟していたんだけど…何だあのカオスは。
もう何と言うか、前2作品が軽く霞むような…上手く言えないけど
凄まじいカオスっぷりだった。
少なくとも俺は、この17年の生涯で映画館があれだけ笑いに
包まれたのを見たことが無い。俺も笑い過ぎて涙が出るというのを
初体験。アレは前2作品とは違った意味で一見の価値アリ。

エンディングはお決まりの友情物語。久々にAice5の歌が聞けると
思ったんだけど、聞こえてきたのは妙に太い声。おお幻のマッチョ
バージョンが帰ってきたのかと思いきや、これまたハズレで第3の
友情物語が登場。これもなかなか聞き応えがありましたなぁ。

とかく大爆笑のいぬかみだったけど、なのはとハルヒのコスを
野郎にさせるとはどういうことなんだろう。あれはリアルに
キモいからやめた方が…同人誌のネタにされそうだ(笑)
腹筋損傷率500%です、隊長w

結論としては、見て損をする部分は全く無かった。
声優さんの演技も相変わらず上手い(特にギアスの見過ぎで
しばらくダークな声しか聞いてなかった福山さんの明るい
ボイスを聞けたのには密かに感動!)し、内容は充実して
作画も良好。金があったらまた見に行きたいよ。

そして帰りは余韻冷めやらぬままとらのあなへ特攻しましたとさ。
めでたし、めでたし。
なのはスペシャル、略してなのすぺ | HOME | 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第3話「集結」

Comment

こんな時間から失礼します。
ムービーフェスティバル私も気になってたですので羨ましいですよー。
シャナは読んだことないんですが面白そうですよね。アニメも見たかったんですがこちらでは放送されないと言うことで残念です;
キノは結構読みました。人に借りて……ですけど。重いテ-マで色々考えさせられますよね。好きな作品の一つです。
いぬかみっ、はさらさらっと本屋で立ち読みしたことがあります。あれも面白そうですね。和也君が笑いすぎて涙が出る、まで笑った作品、要注目ですね。
久々にコメントでした。
それでは、失礼致します。
2007/05/01 14:24 | URL | 日依こよみ #gbSxnoMo [ Edit ]
今更ながら・・・ by Bるへるみな=かるめる
私もしっかり観てきましたが
特にいぬかみっ!のなのはとハルヒコスは劇場全体が異様な盛り上がりにwww

私もつい「ちょwww」ともらしてしまう程www

3作品それぞれの味が出ていて良かったwwwwwwww
2007/05/19 13:41 | URL | B #IrtbeKVU [ Edit ]
>こよみさん
返信遅れてごめんなさいです;今春注目の作品ですよね、ムービーフェスは。
実は俺、キノだけは見たことも読んだことも無かったんですよ。電撃一番の看板作品
なのに(汗)
でも確かに重く色々考えさせられるテーマだったので見応えがありました。
シャナは俺の中ではなのはと並ぶ「萌えと燃えの融合作品」です。資金と時間が
あれば(笑)読んでみることをオススメします。設定も作りこまれたものですし。
いぬかみはもう凄いです。何かもう…神懸かったものすら感じました(笑)

コメントありがとうございましたっ!


>Bさん
わ、Bさんからコメントを頂いてしまいました!ありがとうございますっ!
いぬかみの盛り上がりは異常でした(笑)俺は今でもDVDが出たら買おうと考えて
いるくらいです。
シャナに関しては批判もあるようですが、俺も良い出来だったと思ってます。
2007/05/19 23:18 | URL | 霧崎和也 #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。